家庭で出来る省エネ運動

 家庭から直接排出される二酸化炭素は、国内排出量の約19%とされていますが、
家電製品やマイカーといった最終段階で家庭で消費される消費財などの、家庭の消費活動に起因する
二酸化炭素の排出量は47.5%を占めているといわれています。
 家庭での省エネを図る上で、大きなポイントを占めるのは、1.冷暖房、2.家電製品、3.車と考えられますが、
具体的な家庭生活の中で、どんなことに気をつけるとどれだけの省エネ効果があるかを、
東京都が作成した「エネルギーダイエットノート」から引用しました。

項      目

省エネの目安(1年間)(CO2換算)

リビングでの省エネ

エアコンの使用時間(8畳間の場合)

1日60分(冷房)短縮すると5.8kg(夏場3ヶ月)

石油ストーブの使用時間

1日60分短縮すると18.8kg(冬場4ヶ月)

ガスストーブの使用時間(8畳間の場合)

1日60分短縮すると10.5kg(冬場4ヶ月)

電気ストーブの使用時間(600Wの場合)

1日60分短縮すると6.5kg(冬場4ヶ月)

照明器具の使用時間(80Wの場合)

1日60分短縮すると2.6kg

テレビの視聴時間(25型の場合)

1日60分短縮すると3.5kg

ステレオやラジカセの聴取時間

1日60分短縮すると3.9kg

電話の使用時間

1日3分短縮すると1.5kg

キッチンでの省エネ

電子レンジの使用時間

1日3分減らすと1.7kg

ガステーブルの使用時間

1日5分減らすと2.0kg

食器洗い機の利用時間

1日3分減らすと1.8kg

水温を10度下げると19.8kg

冷蔵庫の開閉回数

1日10回減らすと1.5kg

炊飯器の保温時間

1日6時間減らすと7.9kg

換気扇の使用時間

1日60分短縮すると0.5kg

ゴミの排出量

1日0.5kg減らすと43.8kg

水回りでの省エネ

シャワーの使用時間

1日3分減らすと15.3kg

風呂の追い炊きや沸かし時間

追い炊きを1回5分減らすと12.5kg

洗濯の回数

毎日から1日おきにすると7.7kg

ドライヤーの使用時間

1日3分短縮すると2.0kg

洗顔・歯磨き時の水の使用時間

1日2分短縮すると1.5kg

外出時の省エネ

車の利用距離

100km減らすと4.8kg

電車の利用

車に比べて、100kmあたり4.2kg